セブンイレブンの「上品な口どけカステラ」



先日のしっとりカステラの記事で書いたように新しく買ってきたのでレポートします。

約200円というお手ごろ価格とあって、個人的には何度もリピしたお菓子です。
ただ、その後リニューアルして、中身が「4切れ」だったのに、「3切れ」になっていまいました。
その「3切れ」の商品については、先日買ってきたので、そのうちにレポートします。
お楽しみに~!

パッケージは、「白」→「銀」になって少し高級感を出したのかな、という印象。

少し開封しにくくなった気がします。

気になるカロリーは、3切れで392kcal。

製造は羊羹などで有名な井村屋さんですね。

今度の「セブンカステラ」は、上にフタがしてあります。

型くずれ防止?

それとも、高級感の演出でこうしているのかな?

個人的には過剰包装な気がしました。

※この記事を書いてから、このパッケージの利点が分かりました。
食べた残りをとっておくとき埃よけや乾燥防止にいいですね。

セブンのサイトに公式ページがありましたので、リンクしておきます。

7プレミアム カステラ

7プレミアム カステラ
200円(税込216円)
販売地域全国
小麦粉の配合を工夫し、しっとりと口どけ良く仕上げたカステラです。口の中に卵の風味が広がり、上品な味わいと甘さのキレが楽しめます。(3切入り)

なぜだか公式ページの写真では、パッケージが「白」ですね。

上には不織布のような紙が敷いてあります。

全体では真四角な感じの印象。

紙をとると、いい感じに焼き上がったカステラ登場。

濃い黄色の生地が、卵をたっぷり使っていますよ~といった感じ。

ひっくり返してみると、底面に「ざらめ」が敷かれているのが分かります。

いわゆる長崎カステラは、このザラメが特長。

でも、カステラの敷紙をとると、ザラメが溶けてしまったのかあまり見えないのが残念。

実際に食べたときも、ざらめのザラザラ感はぜんぜん感じられませんでした。

いただいてみると、味も濃い上に適度なしっとり感があって、「あーカステラを食べたー」という気がしました。

4切れから3切れになったことと、ザラメの部分がもうちょっと何とかならないかなーというのが個人的に残念に思うところですが、約200円という安さもあって全体としては満足感が高いカステラでした。

関連記事

しっとりカステラ~セブンプレミアムな4切れデス

追記

記事中に

  製造は羊羹などで有名な井筒屋さんですね。

とあったのを

  製造は羊羹などで有名な井村屋さんですね。

に訂正しました。
(2016-02-20)

さらに追記します

記事を訂正するにあたって改めてカステラについて調べてみました。

すると、今まで知らなかったことや、気づかなかったことがわかりました。

ひとつは乳製品が使われていないということです。

  原材料

  鶏卵
  砂糖
  小麦粉
  水あめ
  もち米あめ
  ざらめ糖

ということで、意外なことに牛乳もバターも使われていません。

これは、とても意外でしたし、乳製品へのアレルギーのある方には重要なポイントだと思いました。

もうひとつはカステラは和菓子ということです。

こちらは、Wikipediaからの情報です。

ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に日本で独自に発展した和菓子である。ポルトガルには「カステラ」という名の菓子はなく、原型とされる菓子もカステラとは見た目も製法も異なる。

カステラが長崎のお菓子だとは思っていましたけど、ポルトガルにはカステラがないとは意外でした。

カステラを、「和菓子」というには少々違和感を感じざるを得ないというのか正直なところですけど、これからは認識をあらためようと思いました。


2017年2月3日に、当サイトはリニューアルしましたが、そのときに全てのデータが消えています。

今回は、バックアップから「復活記事」を作りました。