コンビニエクレア食べくらべ~おいしさ・カロリー・お値段など



コンビニのエクレアって、人気がありますよね。

たいていのショップに置いてありますし、食べてみても美味しいのでよく買っています。

それで、今回は3種類のエクレアを購入したので、食べくらべてみました。

外出したら、セブンイレブンとローソンとファミリーマートが近くにありましたから、お店ごとのエクレアを買いました。

一度にそんなに食べたらカロリーが、と心配になりながらもコンビニスイーツが入った袋を片手にルンルンで帰宅。

そのときの気分は「おやつタイム」が楽しみで、「いったい飲み物は何にしようかな~」などと考えながら袋から取り出してました。

久しぶりにいったファミリーマートでは、「チョコエクレア」なるものを購入しました。

値段は税込みで138円で、気になるカロリーは、236kcal。

パッケージの「ザックザクの食感」というのが、チョコレートの美味しさを物語っているような気がしました。

袋から出してみると、右側のほうにツブツブな感じが見えます。

ファミマの公式ページによると、「エクレア生地の上にザラメを使用した上掛け生地を絞り」とありますから、ザラメの「ザックザクの食感」が楽しめそう。

公式ページ:チョコエクレア


こちらは、ローソンで購入した「カスタードクリームエクレア」です。

値段は税込みで135円で、気になるカロリーは、231kcal。

やや小ぶりなエクレアで、「マダガスカル産のバニラビーンズ使用」というのがセールスポイントのようです。

袋から出すときに、チョコがはがれた部分があるのか、丸ポチができていますね。

ローソンの公式ページによると、「卵黄を贅沢に使用したカスタードクリームは濃厚なコクのある味わいです」とありますから、しっかり食べ応えがありそうです。

公式ページ:カスタードクリームエクレア


今回のラストは、セブンイレブンで購入した「とろりんカスタードエクレア」です。

値段は税込みで135円で、気になるカロリーは、234kcal。

パッケージに「クリームがとても柔らかいのでこぼれない様に注意してお召し上がりください」とありますが、「とろりん」とか「柔らか」という言葉を読んだだけで「セブンだ」と思ってしまいます。

つやつやのチョコレートコーティング。

セブンイレブンの公式ページによると、「濃厚なカカオ感のある風味の良いチョコレートをかけた」とありますから、チョコの部分もセールスポイントのようです。

公式ページ:とろりんカスタードエクレア


それでは、食べ比べてみましょう。

でも、その前に、中のクリームを確認しなくては。

まずは、ファミマの「チョコエクレア」。

「チョコカスタードクリーム」は、「たっぷり」ではないものの、それなりに入っている様子。

次は、ローソンの「カスタードクリームエクレア」。

中身ぎっしりという感じで、ところどころに見える黒いツブツブは、「マダガスカル産のバニラビーンズ」でしょうか。

ラストは、セブンの「とろりんカスタードエクレア」。

たっぷりのカスタードクリーム、といいたいところですけど、実は端のほうには入っていませんでした。

クリームの入り具合はは、ローソン>ファミマ≧セブン、という印象。

ただし、あくまで2個ずつ買ったときの主観にもとずく結果ですから、お店や個体によっては逆転があるかもしれません。

ちなみに、2個ずつ買ったのは写真を撮る前にスグに食べたかったから(笑)。

実際に食べた感想では、ファミマの「チョコエクレア」は、ザクザクの食感は好印象。でも、個人的な好みでは、中身はやっぱりカスタードクリームでないとね。

ローソンの「カスタードクリームエクレア」は、大きさこそ小ぶりなものの、たぶん食べ比べなければ気にならないレベル。バニラ風味の濃厚なカスタードクリームが美味しかった~。

セブンの「とろりんカスタードエクレア」は、何度も食べているので、「ああ、いつものお味」という感想かな。ほかと食べ比べると、チョコの部分が平凡な印象でした。

とうことで、意外とローソンの「カスタードクリームエクレア」がいい感じでした。

お好みで食べればいいとは思うものの、あえて順位を付けると、個人的には次のような結果です。

1 カスタードクリームエクレア

2 とろりんカスタードエクレア

3 チョコエクレア

食べ比べは、当サイトでは初めての試みでしたけど、やってみると意外と面白かった~。

ただ、ひごろカロリーを気にしている割にたくさんエクレアを食べてしまいました。

とうぶんは高カロリーなおやつは控えなければ、と思いつつ日々ブログ更新のため、また食べてしまうんだろうなぁ。

関連記事

とろりんカスタードエクレア~セブンイレブンの定番スイーツ


2017年2月3日に、当サイトはリニューアルしましたが、そのときに全てのデータが消えています。

今回は、バックアップから「復活記事」を作りました。