「和三盆糖 本わらび餅」【匠、彩菓】



わらび餅って、夏のお菓子ですよね。

この「本わらび餅」は、和三盆が使ってあるということで購入してみました。

パッケージのデザインも、和風でどことなく高級感がある様子。

ふだん買っている「わらび餅」は、もっと簡素なパッケージなので、どれだけ美味しいか期待。

いつもの裏面チェックしてみると、確かに「和三盆糖」と「わらび粉」の表示があります。

ただ、「加工デンプン」というのも書いてあったので、「あれっ、100%わらび粉じゃないんだ」と、ややテンションが下がってしまいました。

ついでに、「グラニュー糖」の文字が書いてあったのも、「和三盆糖」だけじゃないんだと、ちょっと気になりました。

袋を開けると、わらび餅の小さく丸めたのではなくて、こんな感じで「わらび餅のかたまり」がビニールに包まれて入っていました。

その下には、きな粉と黒蜜の袋が入っています。

わらび餅を、そのまま入っていた容器に出そうかと思ったりもしましたが、せっかくなので小皿にあけて食べることにしました。

きな粉をまぶして、その上に黒蜜をかけると、蜜がつるつるとすべって流れ落ちてしまいました。

もしかして、別々にかけるとよかったのかなーと思いつつ、スプーンでカットしつつ食べてみると、なんだか味のほうも予想外の展開。

う~ん、なんと言ったらいいのかよくわからないのですけど、とりあえず「きな粉」は香ばしくて美味でした(笑)。

和三盆とか、本わらびについては、あまり感じられなかったのですけど、もしかしてしっかり冷やして食べたらよかったのかもしれません。

ところで、メーカーのWEBサイトが見つからなかったのですけど、販売しているサイトはありました。

残念ながら、今回の「わらび餅」は表示がなかったのですけど、ラスクとかが販売されているようでした。

洋菓子とかがメインの会社なのでしょうか。

商品名は「宇治こんぺ」とか「濃茶ばうむくうへん」とかでしたけど、個人的にはバウムクーヘンをひらがな表記して「ばうむ」とか書くのは趣味に合いません。

もしかしたら、味覚も異なるのかな、と思ったというのが今回の感想です。

関連記事

本わらびもち【たけした】