本わらびもち【たけした】



夏らしい和菓子ということで、今日は「本わらびもち」です。

「わらびもち」といっても、本物の「わらび粉」を使うことはまれで、ほとんどはサツマイモとかタピオカとかのデンプンを使っているのだとか。

でも、こちらの商品は「本わらびもち」の名前のとおり、原材料に「わらび粉」と書いてありました。

ちなみに、買ってきてくれた人に言わせると、メーカーの「たけした」は今ほど「わらびもち」が一般的ではない頃から作っていたとか。

地元に主婦の働くところがないからと餅屋を始めたという「たけした」というメーカー。

でも、夏には餅が売れないから何かないだろうかと「わらびもち」を売り出したということでした。

ただ、どれだけがホントでどれだけが憶測なのかは分かりません。

こちらの「本わらびもち」ですけど、最初からきな粉がかかっているのは珍しいなと思いつつ食べました。

意外なことに、きな粉はしんなりしていなくて、いい食感でした。

甘さもほどよい感じで、涼しさを味わいながらいい気分でいただきました。

お値段は、200円台とのこと。

安い「わらびもち」だとスーパーで100円くらいで売っていて、きな粉をかけて食べるというスタイル。

それに比べると倍以上のお値段ですけど、納得できるお味でした。

ただ、一人で食べるのにはやや多かったかな、というのが微妙な感想かな。