カラムーチョ~ホットチリ味【湖池屋】



先日の記事で、こんなことを書きました。

みなさま、たまに食べたくなるお菓子ってございますか?

たとえば「ポテトチップス」とか「チョコレート」とか「グミ」とか「ミルクレープ」とか。

個人的には、ある辛~いお菓子というかスナックがそれにあたるかも。

実は、そのお菓子をコンビニで見かけて、ついついかごの中にinしてしまいました。

それで、そのときに書いた、「たまに食べたくなるお菓子」というのがコレです。

湖池屋の「カラムーチョ」ホットチリ味です。「ポテトが辛くてなぜおいしい」というキャッチコピーも有名ですよね。

「カラムーチョ」の発売は、1984年9月。

当時はポテトスナックといえば塩味のものが主流で、「カラムーチョ」のような激辛というかチリ味のポテトスナックはなかったと思います。

当時、興味本位で買ったらあまりの辛さに唖然(あぜん)としました。ホント、当時としては衝撃的な辛さだったんですよ。

でもですね、一度買った後でしばらくすると、なぜだかまた食べたくなって購入してしまい、また「辛~~い」ということの繰り返し。

そのうち、もっと辛いスナックも発売されたりして、辛さにも慣れてしまいました。

そういえば、今年は2017年ですから、発売以来もう33年になろうとしているんですね。小学生だった子どもも、不惑の年になってしまいますヨ。

この、細いステック状のカタチも、当時としては特徴がある「カラムーチョ」独特な感じがしました。

その後、ふつうのポテチのような激辛ポテトチップスも発売されましたけど、やっぱりこの独特のカタチがいちばん合っているような気がします。

そういえば、湖池屋は最近「コイケヤプライドポテト」の生産が追いつかなくて部の味の販売を休止すると発表しました。

そのときの湖池屋の広報のコメントが、「ここまでバカ売れしたのはカラムーチョ以来。一刻も早く販売を再開したい」ということだったので、まさに湖池屋を代表するスナックかもしれません。

始めて食べる方は、衝撃的な辛さに驚くかもしれませんが、ただ辛いだけじゃなく旨みも感じられていわゆる「ヤミツキ」になる人も大勢いるようです。

お値段は200円くらいで少々お高く感じるかもしれませんが、内容量は105gも入っているので食べ応え十分。

気になるカロリーは、1袋全部で541kcalもあるので、何回かに分けて食べるといいかもしれませんが、ついつい手が出てしまうかも。

とりあえず、激辛好きの方には、プッシュしておきます~。