きりたると桜~自家炊きさくらあんのおいしさ【あわしま堂】

寒い日が続いていますが、暦の上ではもう春。

今回ご紹介するのは、あわしま堂の「きりたると桜」です。

以前ご紹介した「きりたると」の桜バージョンですね。

どこが違うのかというと、「きりたると」は、「ゆず風味の白あん」でした。

そして、今回のは「さくらあん」のようです。

いつもの「裏面チェック」ですけど、気になるカロリーは1個あたり111kcal。

ふつうの「きりたると」より、ほんの少し低カロリーです。

ちなみに、ふつうの「きりたると」は4個で451kcalですから、その差はほんのわずか。

「自家炊きのさくらあん」の色合いもキレイな「きりたると桜」です。

他のメーカーのタルトも一個ずつカットされているものが多いようですが、こちらもそのようになっていて、包丁を使わずに手にとってすぐにいただくことができます。

一人で何回かに分けて食べるもよし、何人かでシェアするのもよし、どちらが大きいかでケンカとかもなさそうですね。

あわしま堂の公式webサイトには、次のような説明が書いてありました。

切りたると(桜)4個入

自家炊きのさくらあんをカステラ生地でのの字に巻いた、ふわふわタルトです。
商品詳細
賞味期限30日
アレルギー卵、小麦、大豆
総カロリー444kcal

手に取ると、いつものタルトのやわらかさは変わりない様子で、少し違うかなと感じたのは「あんこ」の柔らかさ。

個体差なのかもしれませんが、とてもやわらかな感じがしました。

そして、ねっとりとした甘さはそのままに、ほんのり桜の風味がして、なんとなく春の予感。

寒い冬ですが、なんだか次の季節への思いがわいてくるような和菓子でした。