バタークッキー~6枚入りの本格派【ローソン】



みなさん、手作りのお菓子って好きですか。

実は昔から不思議に思っていることがあって、それは、手作りのほうが美味しいと思う食べ物のことなんです。

具体的には何だと思われますか?

個人的に手作りのほうが圧倒的に美味しいと思っていたのは、ギョウザとクッキーです。

なぜかは分からないのですけど、ギョウザは手作りの物と市販品では違いますよね。

もちろん、市販品よりも皮を買ってきて中身を自分で炒めたもので作ったほうが、満足感はかなりありました。

ただ、こちらはラーメンの有名店で「野菜ギョウザ」を食べたら、かなり美味しかったことがあります。

なので、必ずしも家で手作りをした物が、圧倒的に美味しいということは言えなくて例外もあるかなという気がしてきました。

もうひとつのクッキーは、手作りに及ぶ物は食べたことがありませんでした。

ということがあるので、コンビニでも単なるクッキーを買うことはほとんどなかったのですけど、なんとなく購入したのがこちらのクッキーです。

わりとシンプルなパッケージに、「バタークッキー」との表示。

ただ、今思い出してみると、コンビニの商品ってシンプルなパッケージの商品が実力派というのがあったりしました。

製造者は、「アントステラ」という会社のようです。

気になるカロリーは、1包装あたり294kcalと、中身のわりに高カロリーかな。

食塩相当量は、意外と低い0.2gとなっていました。

袋から出すと、こんな感じで、6枚のクッキーがならんでいました。

形は何の変哲もない四角という感じ。

このあたりは、なんとなく、手作りのクッキーと似ているような印象でした。

お皿に出すと、こんな感じでまるで手作りクッキーのようです。

そして食べてみると、バターの風味が口の中に広がって、市販のクッキーにしてはなかなかに本格的な感じがしました。

何というか、本物の素材を使って、基本に忠実につくってあるという印象です。

コンビニのお菓子で、これだけ本格的な物が食べられるのかと思って調べてみたら、意外なことが分かりました。

それは、このクッキーが、あの有名な「ステラおばさんのクッキー」だということです。

実は、そういうことを知らずに食べたのですが、「ステラおばさんのクッキー」って有名なだけじゃなくこんなに本格的なんだと思いました。

そして、よく考えてみたら会社名「アントステラ」って「ステラおばさん」っていう意味ですよね。

こういうコラボがあるということが意外な気がしましたけど、コンビニの販売力というのはかなりのものなのでしょうね。

バターの風味が広がる美味しさと、ローズソルト岩塩が使ってあるという「ステラおばさんのクッキー」でした。