白あん入りめろんぱん【松月堂製パン】



ラグビーボール型のメロンパンは、日本のメロンパンの元祖ともいえる存在です。

現在は、丸いカタチのものが多くなりましたけど、数十年前にはこちらのほうが一般的だったと思います。

商品パッケージにも書いてあるように、神戸地方ではこういうカタチで中に白あんが入っているものを「メロンパン」と呼んでいます。

※「呼んでいました」ではありません。

また、最近はネットの普及で有名になりましたけど、広島県の呉市にある地元では超有名な、その名もメロンパンというパン屋さんのメロンパンもこんな感じ。

広島県のお隣、山口県の岩国市にも、下松市にもこういうメロンパンは売っていました。

そして、今回ご紹介するメロンパンは、山口県宇部市にある松月堂製パンという会社のものです。

購入したのは、スーパーだったと思います。

ネット上で、こういうメロンパンが話題になったからかもしれませんけど、ここ何年かで発売したもののようです。

個人的に、今まで食べた白あん入りのメロンパンと比べると、中のあんこが少ないような気がしました。

でも、わりあい上品な味で、ボリュームもそれなりにあって好印象のメロンパンでした。

気になるカロリーをいつもはご紹介するところですが、残念ながら写真に撮ってないようでした。

また見かけて買ったら、追記したいと思います。