ミルクホイップロール~白バラ牛乳を使った懐かしい味わいのクリーム



菓子パンをいくつか買うときに、「あっ、コレ美味しそう」と選んだのが「ミルクホイップロール」でした。

ロールケーキは好きなお菓子だし、クリームたっぷりで美味しそうに見えました。

手にした感じも、適度に重量があって、中身がしっかり入っていそうな感じがしました。

気になるカロリーは、367kcal。

また、袋の裏面には、フジパンホームページのurlがプリントされていました。

でも、アクセスしたみたところ「ミルクホイップロール」の情報は見つかりませんでした。

せっかく「案内」に従ってアクセスしたのに残念。

かといって、「お客様サービス係0120-25-2480」に電話して詳しいことを訊くほどのものでもないし、なんとも中途半端な気持ちになりました。

生地の部分を一口食べてみて、なんとなく塩味が感じられ、なんだか懐かしい昔ながらのロールケーキみたいだと思いました。

意外と生地がふわふわじゃなくて、しっかりしていたのも好印象。

そして、ホイップクリームがなんだか独特の味。これってバニラが強いのかな?と思いつつ食べました。

さらに食べると、なんだか以前これと似たような味のクリームを食べた気がします。

しばらくして、「そうだ、昔食べたバタークリームのクリスマスケーキだ!」と気が付きました。

子どものころは、まだ「生クリーム」が一般的ではなかったような気がします。

毎年、クリスマスケーキはバタークリームのもので、最初は喜んで食べていましたがそのうち頭が痛くなるのが毎年のことでした。

どうして頭が痛くなるのかは未だに謎ですが、生クリームのケーキではそういうことはありませんでした。

ところで、今回のロールケーキ、なんだか斜めってる。

上の写真だとよく分かるかな?

厚いところと薄いところとではだいたい1cmくらい差があるという印象でした。

もうひとつ買ったので、そちらも開封してみましたけど、ふつうの厚さ。

どうやら「個体差」だった模様ですが、大手メーカーでこんなことがあるのは珍しいなーと思いました。

白バラ牛乳

今回の「ミルクホイップロール」ですが、パッケージに「白バラ牛乳入りホイップを使用した」とプリントされています。

それで、「白バラ牛乳」について検索して調べてみました。

すると、なぜか「白バラ牛乳」ではなく、「大山乳業農業協同組合」が検索1位に表示されます。

大山乳業農業協同組合

調べてみると、「白バラ牛乳」とは大山乳業農業協同組合が出しているブランド名だと分かりました。

個人的な印象ですと牛乳よりも「白バラコーヒー」のほうがよく見かけます。

10年以上前の平成初期には「コーヒー牛乳」というネーミングのほうが一般的でしたが、2003年からは「生乳100%」のものしか「牛乳」と表記できなくなったため、「~コーヒー」と表記ですね。

個人的にはグリコの「カフェオーレ」が好きなので、もっぱらそちらのほうを買っていますが、「白バラコーヒー」のほうは生乳70%使用ということなので、牛乳好きのかたにはいいかもしれません。