ぬれ生せん【東京エージェンシー】



東京みやげでもらった「ぬれ生せん」です。

「ぬれせんべい」は、千葉県銚子市の名物として有名ですし、「銚子電気鉄道」が販売している「銚電のぬれ煎餅」は、一時期通販を停止するほどの全国に知られた商品。

だから、「ぬれせんべい」というと千葉というイメージでした。

でも、この商品のように「東京土産」としているのは、なぜかなーという感想です。

販売者は、「東京エージェンシー」という千代田区にある会社。

開封すると、中には10枚の個別包装された「ぬれ生せん」が入っていました。

う~む、どう見ても「ぬれせん」ですよね(笑)。

単に、同じ「ぬれせん」という名前を使うのはやめて「ぬれ生せん」という、オリジナルなネーミングにしただけかなーと思いました。

味の方は美味しかったし、東京土産としては、いいかなーと思いました。

ただし、「鉄子さん」とかに渡すと、微妙な顔をされるかもしれませんけどネ。

追記

「ぬれ生せん」について、調べてみました。

埼玉県の山香煎餅本舗から販売されていることが分かりました。

ただ、どちらにしても東京ではないですね。