チョコがけコルネ【pasco:敷島製パン】

今回も「復活記事」です。

初出は、2016年4月2日と、今から1年と約1ヶ月前。

まだこのコルネ、販売してるかな。


チョコレートがかかった菓子パンが好きで、見かけたら買うことが多いのですけど、先日買ったのが今回の「チョコがけコルネ」です。

左上に「pasco」と書いてありますが、これはブランド名で、製造しているメーカーは敷島製パンです。

以前は「シキシマ」でしたが、西日本でも10年くらい前からこのブランド名を使うようになりました。

裏面チェック。

気になるカロリーは、295kcalです。

袋を開いてみました。

「チョコかけ」というだけあって、全体にチョコレートがかかっていますね。

いつもの皿に載っけてみました。

このサイトをよくご覧になっている方なら、だいたいの大きさを想像していただけるでしょうか?

中のクリームを確認。

ふたつに割ってみたら、意外というか残念というか中のクリームが途中までしか充填されていませんでした。

全体の長さからいえば、半分も入っていません。

これは、個体差かと思ったら、もうひとつ買ったものもそうでしたからそういう仕様なんでしょうね。

食べてみた感想は、ごく一般的なコルネという印象でした。

中のクリームは、特に強い主張はせず、チョココーティングもふつうな感じかな。

ただ、上に書いたように、楽しみにしてたクリームが中途半端。

たい焼きを買ったら、あんこが真ん中にしか入ってなかったら、みなさん、どう思われます?

ここだけは、キッチリ詰めてほしかったところですねっ。