おはぎ~素朴な味わいの大きめな和菓子【たけした】



お彼岸の時季といわけではないのですけど、なんとなく「おはぎ」が食べたくなって購入しました。

ふだんは、もっと小振りなものを買うことが多いのですが、今回は昔ながらの大きめなものを買いました。

2個入りなので、甘いものを食べたいという欲求が、じゅうぶん満足できそう。

「たけした」というメーカーの、商品名はシンプルに「おはぎ」という和菓子です。

お値段は200円台だったと思います。

パッケージの上のほうには「北海道産あずき使用」とあるのですけど、食品関係で相変わらず「北海道ブランド」は強いなあと思いました。

※いろんなお菓子に「北海道産」という言葉が使われています。

ふたを開けてみると、少し表面がひび割れていて、なんとなく手作り感が漂っていますね。

粒あんの色がかなり濃くて、甘みが強そうな印象でした。

このまま容器から出さずに食べてしまうよりも、せっかくなので、小皿に移していただきました。

表面のあんこは、予想どおりの甘さで、中のごはんは、もっちもち。

「あー、おはぎを食べたー」という満足感で、ハッピーなおやつタイムをすごすことができました。


パッケージに、「生物なので早目にお召し上がり下さい」との表示があって、買って帰ってすぐに食べたのですけど、なんとなく違和感がありました。

「なぜだろう?」と考えて、2つほど思いあたりました。

ひとつは「生物」と表記されてあることで、一瞬「せいぶつ」と読みそうになること。

「なまもの」って、普通「生物」って書きませんよね?

「なまもの」か、「生もの」とか書くのがふつうかな、と。