宇治抹茶葛もち【榮太郎】



先日は、「榮太郎」のようかんをご紹介しましたが、今回は似たようなパッケージの別商品。

榮太郎の「宇治抹茶葛もち」です。

袋に掲載してある商品の写真は、まるで「きんつば」みたいに見えました。

でも、「葛もち」ということで、興味がわいて購入してみました。

いつもの「裏面チェック」ですけど、気になるカロリーは、1袋あたり316kcal。

さすがに全部だと1回のおやつとしては多いかな。

「北海道産大納言小豆」と、「吉野本葛」を使用しているようです。

袋から出すと、これだけ入っていました。

一般的な「葛餅」とは、ぜんぜん質感が違う感じがしました。

ヘンなたとえかもしれませんけどボンタン飴のよう。

こんな感じの黒っぽい小さな「葛もち」ですけど、一般的な「葛餅」というのは、透明感あるぷるんぷるんっとしたものですよね。

それに、黒蜜とか、きなこを付けて食べるというイメージでした。

でも、これは何も付けずにそのままポイッとたべるというところも一般的な「葛餅」とは違うところ。

ちなみに、葛餅を画像検索してみたら、こんな結果になります

ということで、今までと全くちがうお菓子だなーと思いつついただきました。

人によっては、袋菓子などのゼリーに近いと思われるかもしれませんが、そんな感じのものだったと思います。

抹茶の風味もあまり感じられず、なんだか消化不良みたいな試食でしたよ。